ティエンズの評判はウォルマートやトヨタに匹敵!?

ティエンズの評判はウォルマートやトヨタに匹敵!?

ティエンズ評判は大躍進で世界の企業TOP500の仲間入り?

ティエンズは今、最も勢いがあるネットワークビジネス企業だ

という評判ですね。

日本でもティエンズは設立以来ずっと8期連続増収!評判もいいはずです。

そのティエンズがフォーチュン誌のTOP500に名を連ねるほどの

評判にすると3か年の計画も立てているようですよ。

ニューヨーク

ティエンズは中国天津に本社があり、幅広い事業を手掛ける

複合企業です。

現在は世界190の国と地域で事業を展開中で、2015年9月に開催された

TIENSグループのグローバルコンベンションで、

3か年計画の終了する2018年までに、フォーチュン誌の発表する

世界のTOP500の仲間入りをするという目標を掲げました。

フォーチュン誌のTOP500に入れば、

第1位のウォルマートや日本のトヨタ、iphoneでも有名な

apple社などと肩を並べ、真のグローバル企業の

評判を手に入れることができますね。

ティエンズは「人々に健康を、社会に貢献を」という企業理念を掲げ、

中国大手栄養補助食品企業の中で初めて、HACCPの認証を受けています。

(HACCPとはアメリカで宇宙食の安全性を確保するために

開発された食品衛生管理手法のこと)

中国の養生文化の予防医学を取り入れた製品はサプリメントのみならず、

化粧品やホームケア製品まで多岐にわたります。

中でも、水素サプリのHyper-H Neo、neoyakuzenシリーズ、

とくに健康ドリンクGshotなどが評判がいいみたいですね。

ティエンズは設備投資もすばらしく、本社の敷地には研究開発施設や

物流センター、ホテルやスタッフ用のアパート、コンベンションセンターなどの

複合施設「TIENS インターナショナル ヘルス インダストリアル パーク」を2011年に

オープンしました。

しかもその隣接する敷地に総合大学の「TIENSユニバーシティ」を建築中。

優秀な人材を育成し、研究開発や工場の品質管理も1か所に集約。

まさにティエンズのビジョンがここで生み出される、

そんな複合施設になりそうですね。

中国というとマスコミで食品の問題もよく取り上げられていますが、

日本向けの製品はすべて国内生産だそうです。

ティエンズの企業の評判、製品の評判はとても素晴らしいですね。

これならフォーチュン誌のTOP500に選ばれる日も近いかもしれませんよ。

【衝撃告白】1円も稼げない理由がわかった!!