ネットワークビジネスの化粧品、男性が口コミして成功する?

ネットワークビジネスの化粧品、男性が口コミして成功する?

化粧品

ネットワークビジネスの基礎化粧品は実は男性も使用者が多いんです。

ネットワークビジネス化粧品を扱う企業、多いですよね。

アシュラン、ノエビア、エイボン・プロダクツ、イオン化粧品、ロイヤル化粧品、

そこに割り込むかのように、アムウェイ、ニュースキン、フォーデイズ!

だいたいこれがネットワークビジネス化粧品の売上高ランキングでは

10位までに入るでしょう。

化粧品といえば、ターゲットは女性ですよね。

特に年齢に応じたお肌のケア(エイジングケア)が注目されています。

化粧品を扱うネットワークビジネスの成功者は女性が多いのも

当然の結果といえます。

では、男性は成功しにくいのでしょうか?

どう思います?

美容業界の卸売業者の営業マンは男性が多いんです。

商談相手が美容室、エステサロンなどのオーナーもしくは店長

ならば、男性でも問題ないみたいですね。

ネットワークビジネスの場合、ビジネスの対象は、

直接製品を消費する方です。

化粧品を直接消費するのは女性がメインです。

最近は男性でもフェイシャルエステに通ったり、

お肌の手入れにこだわる方も増えてきてはいますが。

手当たり次第に口コミするとなると、やはり化粧品は

興味がない男性が圧倒的に多いですので、ターゲットはほぼ

女性に絞られます。

あなたが女性の友達や知り合いに声をかけていくということに

なりますね。

「いい化粧品があるんだけど、話聞いてくれないかな?」

「え、なになに?あんた、化粧品なんて使わないじゃん!」

「○○っていうネットワークビジネスの製品なんだけどさぁ・・・」

「あ、なるほどね・・・」

こんなやり取りで、「ネットワークビジネス」と言ったとたんに、

相手の女性の声のトーンが下がってしまった経験ありませんか?

ネットワークビジネスの製品愛用者の市場は女性が圧倒的に多いみたいです。

そこをなんとかキャッチしないと男性だけを相手にしていては

組織も伸びていきません。

じゃあどうするか?

ひとつは、化粧品専門のネットワークビジネスの会社を選ぶのではなく、

他の商品群も取り扱う会社を選ぶのがいいと思います。

サプリメントとかいいでしょうね。まずはサプリから話題を作り、

「これなんかもいいらしいよ」と化粧品を紹介するとか。

これなら、女性相手でも、比較的話しやすいでしょう。

もうひとつは、男性、女性でターゲットを決めるのではなく、

興味があるかないかでターゲットを選ぶんです。

男性も、実はネットワークビジネスの基礎化粧品を

愛用している方がいます。

以前にビジネスをしていたネットワークビジネス企業の

化粧品をそのまま愛用していたり、そこで学んだ、肌の手入れの

重要性を知ってからとか。

ビジネスはうまくいかず、やめてしまった人もいるでしょうけど。

そういう男性はネットワークビジネスのことも理解がありますし、

化粧品に関してもそれなりの知識があり、この業界を知っているので、

ビジネスの話もしやすいと思います。

もしかしたらあなたもそのひとりかもしれませんね。

なので、友達とか関係なく、興味がない人にはアプローチもしない、

興味がある人だけをターゲットにするのです。

興味を持ってもらえたら、それから

歩み寄っていくというようなスタイルで活動するんです。

男性でも、この方法なら可能でしょう。商材が化粧品に限らず、何であろうと。

それができるのがインターネットを使った集客です。

【必見!】興味がある人は向こうから勝手に近づいてくる(口コミ不要)!