ネットワークビジネスはねずみ講ではないのに怪しいと言われる理由

ネットワークビジネスはねずみ講ではないのに怪しいと言われる理由

ネットワークビジネスはねずみ講ではないのに怪しいといわれる理由とは?

ネットワークビジネス(MLM)はねずみ講ではないのですが、友達や知り合いを口コミ、勧誘して広めていくというやり方、勧誘方法が似ているので「ねずみ講でしょ」「怪しい」「違法だ」と間違われやすいです。

しかし、ねずみ講ではないのに怪しいといわれるのにはそれ以外にも理由があるんです。

ネットワークビジネスはねずみ講ではないですし、詐欺や怪しい悪徳マルチまがい商法ビジネスとも違い、れっきとした特定商取引法で認められたビジネスモデルです。

しかし、それでもネットワークビジネスはねずみ講でしょ?怪しいんじゃないの?と疑う人がいます。

その理由は・・・

ネットワークビジネスはねずみ講ではない!それなのに勘違いされる原因とは?

なぜネットワークビジネスはねずみ講ではないにもかかわらず、怪しい、違法だなどと言われるのかというと、ネットワークビジネス業界で活動する方の中には、ヘタな勧誘の仕方をする人が多いところにも原因があります。

今がチャンス!!

必ず儲かるから!

頼むから一度だけでいいから製品試してみてよ!

すぐに製品代なんて回収できるから!

簡単に儲かるビジネスだよ!

このように報酬がいとも簡単に手に入るように誇張した勧誘の仕方をする人がいまだに多いからネットワークビジネスはねずみ講ではないにもかかわらず、ねずみ講と勘違いされるのではないかと僕は思っています。

ネットワークビジネスはねずみ講ではない!ネットワークビジネスはもっと深みがあるビジネスだ!

ネットワークビジネスはねずみ講ではないんです。

それに、一攫千金の宝くじのようなものでもありません。

ネットワークビジネスというビジネスは、自分が参加している企業の理念や製品のこだわり、その先にある将来へと導くビジネスであるということをしっかりと伝えていくことが重要です。

単なる金儲け、マネーゲーム感覚で伝えると、やっぱりねずみ講じゃん!という勘違いをさせてしまう恐れがあります。

これはネットワークビジネス業界全体の伝え方、勧誘方法に問題がありだと思います。

<スポンサーリンク>スマホだけでダウンがザクザク!友達に嫌われないオンラインマーケティングノウハウとは?友達から嫌われるのが怖い?イマドキは声かけ不要のSNSとLINE集客が主流ですよ♪

「ねずみ講ではない」といっても結局上だけが儲かるんじゃないの?

あと、「ネットワークビジネスは上だけが儲かるのではないか?上だけが儲かるというのはやっぱりねずみ講と同じじゃないの?」とよく質問されます。

確かに、ネットワークビジネスの仕組みも上だけが儲かるというのは、あながち間違いではありません。

・・・と書くと、

「ほら、ねずみ講ではないと言っておきながら、やっぱりそうなんじゃん!」

と思う方も多いと思いますが、ちょっとした勘違いがこの「ネットワークビジネスは上だけが儲かる」にもあると思っています。

ネットワークビジネスもねずみ講と同様にピラミッドのように人から人へとどんどん広まっていきます。

先に始めた人が儲かる、上だけが儲かるというのは、先に始めた人があなたが始める前に長い間ネットワークビジネスの製品を人から人へと口コミ、勧誘で友達や知り合いに紹介してきた期間がありますので当然と言えば当然なんです。

でもあとから始めた人が損をするかというとそういうわけではありません。

ネットワークビジネスはラクして儲けるビジネスではなく、まじめに仕事した人が稼げるビジネスだ!

あなたが誘われたネットワークビジネス企業の理念や製品のこだわりを多くの方々に伝えれば、あなた自身も報酬がたくさんもらえるようになります。あなたから始まる組織の大きさ次第です。

また、あなたより先に始めた方が、「もう〇人ダウンを獲得したからもういいや、あとはダウンが頑張ってくれるだろう」と中途半端に口コミや勧誘を辞めてしまっては会社の報酬プランによっては収入の逆転現象が起きることもあります。

ネットワークビジネス業界でトップリーダーと呼ばれる方や、各企業においてセミナーで講演をされるくらいの方になると、参加当初ほど口コミや勧誘はしてらっしゃらないかもしれませんが、ダウンの組織メンバーに情報を伝えたり、勧誘のノウハウを教えたり、製品の勉強をしたりと常に勉強をしてる方がほとんどです。

労働収入のように毎日8時間以上働くということはなくなりますが、ネットワークビジネスで権利収入生活を長年継続させてらっしゃる方は、経済的、時間的自由を手に入れても、遊んでばかりではなく「仕事」もしているんです。

ネットワークビジネスを「仕事」としてまじめに取り組んでいる組織のリーダーは「これから稼ぐぞ~」という、参加したばかりの人のように毎日声かけ、アポ取り、勧誘、セミナー動員をするという必要はなくなり、レバレッジ(てこの原理)で収入は増えていきます。

しかし、ネットワークビジネスの優秀なリーダーはレバレッジがさらに拡大させるために、ねずみ講のような末端が稼いできたお金を徴収するというのではなく、自分自身の組織がさらに反映するように努力もして報酬を増やしています。

冷やかし程度、ちょっと儲け話に乗ったという感覚でネットワークビジネスを始める人ほど、「上だけが儲けやがって」とか、「稼げない」、「儲からない」と言いますが、「上」と言われているリーダーは参加当初からビジネスに対して真剣に取り組んできた方がほとんどです。

自身が信頼のおけるネットワークビジネスの企業理念を口コミや勧誘で熱心に伝え、製品を広める努力をずっとしてきたからこそ、収入が増えるようになる、稼げる、儲かるようになるのがネットワークビジネスです。