【徹底解剖】エクスフューズの評判は今が旬?それとも…

【徹底解剖】エクスフューズの評判は今が旬?それとも…

エクスフューズの評判は現在社名を変えたKZ1になっても変わらず好調か?

エクスフューズ(KZ1)の評判はスマカフェ旋風で終わりではない!?

エクスフューズ(現在の社名はKZ1)の評判は話題のグリーンコーヒー、スマカフェの登場で一気にスターダムになった感がありますよね。

スマカフェの売れ行きが落ち着いたらエクスフューズの評判は下がるのか?

エクスフューズはグリーンコーヒーブームに乗っただけの評判だったのか?

これからを占う意味でもエクスフューズを徹底解剖してみます!!

エクスフューズは2014年の4月に報酬プランを改定し、それが良かったようで、新規登録者数が増加しています。

また、2015年秋には発売前から話題性が高かった、グリーンコーヒーを使った「スマカフェ」を投入!

2015年の決算報告による業界の2016年売上高ランキング速報版でも総合39位、栄養補助食品部門17位と健闘し、前年比10.0%と好調です。

2016年もまだまだ成長が見込まれています。

これは新製品のスマカフェの売上好調だけが原因でしょうか?

僕はそうではないと思います。

エクスフューズはグリーンコーヒーのスマカフェばかりがクローズアップされていますが、主力商品は、マルチボタニカルドリンクの「セブンプラスフォーカス」なんです。

この製品の根強いリピート愛用者がいるおかげで、そこにプラスアルファでスマカフェの売上貢献がある、そんなイメージです。

また、エクスフューズジャパンは東京の六本木に本社があるのですが、2階にはホームオフィス、3階にはエクスフューズスタジオが設置されています。

2階は、他社でいうところのいわゆるサロンスペースで、ビジネスの商談(ABCなど)はもちろんなのですが、会員がパソコンを持ち込んで事務作業をしたり、なかにはカフェ代わりに使ったりと、自宅のようにくつろげる「ホームオフィス」なんです。

また3階のエクスフューズスタジオはセミナー会場として使われることが多いのですが、毎日のように開催されるセミナーはほぼ満員で立ち見が出るほどだそうですよ。

こういった会員向けに本社のスペースを有効活用したり、またそこで行われるセミナーにもひっきりなしに人が出入りする、これは人気の表れともいえるでしょうね。

またエクスフューズはアメリカでも2008年、2009年には2年連続してネットワークビジネスでは史上初の売上成長率NO.1になっているんです。

これはアムウェイやニュースキン、ハーバライフなどの大手企業でも達成し得なかった偉業なんです。

東京オフィスの会員サポート施設などの環境、製品の売れ行き、アメリカでの実績を見れば、単なるブームではなく、エクスフューズの評判は本物で、ますますこれから発展していくことが予測できそうですね。