ドテラのポイント交換について、これだけは押さえておけ!

ドテラのポイント交換について、これだけは押さえておけ!

ドテラのポイント交換制度の注意事項と裏ワザについてまとめました。

ドテラのポイント交換で気を付けるべきことってどんなことがありますか?

ドテラのリワード・ポイント交換について、ポイント交換の期限、LRPを休止したらポイントがゼロになるなど気を付けるべき点がいくつかあります。

また、ドテラのOTGとNFRという製品流通方法を逆手にとるとポイント交換がお得にできる方法もあるんです!

今日はドテラのお得なポイント交換についてを中心にお話します!

まずはドテラのポイント交換についておさらいしておこう

ドテラのポイント交換の基本ルールについて復習しましょう!

まずはドテラのリワード・ポイント交換について、基本的なことをおさらいしましょう。

リワード・ポイントを貯めてドテラのお好きな製品にポイント交換するにしても特徴を把握していないと、せっかく貯めたポイントもポイント交換する前に抹消になってしまうかもしれませんよ。

ドテラのポイント交換の特徴、まずこの3つを覚えておこう

ドテラのポイント交換はドテラのビジネスメンバー(WA会員)も、愛用者会員(WC会員)も特に差はありません。

ドテラの定期購入(LRP)で注文をする方全員が対象となります。

しかもこのドテラのリワード・ポイントのポイント交換の仕組みはいたってシンプルで、下の3つの特徴を覚えておけばバッチリです。

  1. ドテラの定期購入(LRP:ロイヤルティ・リワード・プログラム)を50PV以上購入するとリワード・ポイントがもらえる
  2. リワード・ポイントはLRPの継続期間によってポイント交換還元率が高くなる
    (13か月継続すれば30%のポイント交換還元率になる!)
  3. ドテラのリワード・ポイントは獲得したポイント数に応じて自分の好きなドテラの製品とポイント交換できる

ただし、

  • ポイント交換の有効期限は1年
  • LRP(定期購入)を休止するとポイントはリセットされる
  • リワード・ポイントをドテラ製品とポイント交換する際には、100ポイントごとに手数料が300円と送料が600円かかる
  • ポイントは他人に譲渡したり現金に換金することPVに変更することはできない
  • ポイント交換商品の再販、転売は禁止

という注意点もしっかりと覚えておいてくださいね。

ドテラのポイント交換をよりお得にしちゃう裏ワザがある

ドテラのポイント交換の裏ワザを使ってお得に交換しちゃいましょう!

さて、ドテラのリワード・ポイントのポイント交換の基本をしっかりと覚えたうえで、ちょっとお得にポイント交換できる方法もお話ししましょう。

ドテラにはOTG(国内流通製品)とNFR(海外からの個人輸入製品)という、2つの製品購入先があることはもうご存知ですよね。

この2つの流通方法でどちらでも購入できる製品があるのですが、なんとリワード・ポイントの交換ポイント数が異なるんです!

例えばドテラのアロマオイルで人気のフランキンセンスだと・・・

OTG 92ポイント

NFR 69.75ポイント

と、22.25ポイントも差が!!

NFRの場合、送料が1500円かかりますが、それを差し引いてもポイント交換数によってはお得になる場合が多々あります。

主要なアロマオイルで比較すると

製品名(カッコ内はNFR名) OTGの交換ポイント NFRの交換ポイント
レモン 14ポイント 10ポイント
レモングラス 14ポイント 10ポイント
イランイラン 49ポイント 35.25ポイント
ティートリー(メラルーカ) 26ポイント 19ポイント
フランキンセンス 92ポイント 69.75ポイント
ラベンダー 29ポイント 21ポイント
グレープフルーツ 22ポイント 16ポイント
ミルラ 70ポイント 52ポイント
マジョラム 26ポイント 19ポイント
バジル 27ポイント 20ポイント
ヘリクリサム 107ポイント 75ポイント
ペパーミント 27ポイント 20.5ポイント

どれもNFRでポイント交換したほうが交換ポイント数が少なくて済みます。

(ちなみに購入する際も為替レートにもよりますがNFRの方が安く購入できます→ただしPVのポイントも少なくなるので要注意ですが)

これからはSNS×LINE@でザクザクとダウン獲得です!

友達から嫌われるのが怖い?イマドキは声かけ不要のSNSとLINE集客が主流ですよ♪

ドテラのポイント交換の注文方法はどうしたらいいの?

実際のドテラのポイント交換の注文方法についてお話します!

最後に、ドテラのポイント交換の注文方法について説明しておきますね。

ドテラのポイント交換の注文方法は、ドテラカスタマーサービスへ電話、あるいはマイドテラオフィスの新ショッピングカートからポイント交換ができます。

また、ドテラエブリデイにはOTG(国内流通製品)のポイント交換注文書、NFR(海外個人輸入製品)のポイント交換注文用紙、そして両方の注文入力フォームも用意されていますし、ドテラエブリデイからもマイドテラオフィスにログインできるようになっています。

ポイント交換分のPVは、プロダクト・オブ・ザ・マンス(POM:125PVの月替りプレゼント)や、200PVキャンペーン・ボーナス取得条件のPV(100PV)に算入することはできません。

ただし、送料無料のPVには算入できますので、OTG(国内流通製品)の注文の場合、ポイント交換の製品PVとLRPの購入PVとあわせて100PV以上でしたら送料が無料になります。

以上、ドテラのリワード・ポイントのポイント交換について、基本的なポイントと注意すべき点、そしてお得なポイント交換方法と、実際のポイント交換の注文方法についてでした。

※ドテラメンバーの中にはポイント交換商品やプロダクト・オブ・ザ・マンスのプレゼント商品をヤフーオークションやメルカリで転売する人がいるようです。

ドテラはポイント交換商品の転売、再販は禁止されていますのでくれぐれもそういった転売目的でポイント交換しないようにしてくださいね。