ドテラの現状を検証した結果、具体的な課題と対策を発見した!

ドテラの現状を検証した結果、具体的な課題と対策を発見した!

ネットワークビジネス業界の現状の縮図が各企業の現状という仮説と検証からビジネス活動の課題と対策を見つけた!

ドテラの現状はネットワークビジネス業界の現状の縮図なのではないだろうか?

「業界全体の現状を知ることでドテラの活動の現在の状況、課題、対策が見えてくるはずでは?」

という仮説を立てて検証した結果、ドテラで活動していく上での問題点と具体的な改善策が見つかりました!

ドテラの現状の課題を考えるには、まずは業界の現状を知るべき

ネットワークビジネス業界の現状が各企業の現状であり、問題点、課題が浮き彫りになるはず!

ドテラの現状を知るには、まずはネットワークビジネス業界全体の現状を知ることが大事ですね。

ネットワークビジネス業界の現状、現在の状況はどうかというと、MLM業界全体の売上は・・・

日本の市場規模 世界の市場規模
2007年 1兆2877億円
2011年 9504億円
2012年 9171億円
2013年 9135億円 1785億ドル
2014年 8839億円 1828億ドル
2015年 8253億円 1837億ドル
2016年 8246億円 1825億ドル
2017年 8073億円 1896億ドル

日本国内の市場規模は減少傾向(10年で37.7%ダウン)ですが、世界的な市場規模は拡大の一途(5年で伸び率106%)です。

これは今までネットワークビジネスという業態になじみがなかったアジア圏の国々の躍進ぶりにも支えられていることと、やはり本場のアメリカのけん引によるものでしょう。

世界の国の売上の順位は2017年の段階で

1位 アメリカ

2位 中国

3位 韓国

4位 ドイツ

5位 日本

というのが現状です。

日本は数年前まで2位だったようですが・・・。

日本国内の市場規模の縮小傾向の裏側には、ドテラのみならず、各企業が最も頭を悩ませている、

  • 一部のビジネスメンバーの過度の強引な勧誘
  • ねずみ講、悪徳マルチまがい詐欺と同列で並べられる世間一般のイメージ
  • 昔からずっと変わらぬ、口コミ、勧誘というビジネスの活動方法

そして、日本の世相を見てみると・・・

  • 出世や成り上がり、競争社会を嫌う若者の仕事に対する価値観の変化
  • 「クルマが欲しい」というような意識も低くなりつつあるゆとり世代の物欲の低下
  • 現実社会に夢や希望を持てなくなってきている風潮

こういった原因が考えられます。

ドテラの現状の具体的な課題と対策が見えてきた!

業界の現状を知ることでビジネス活動の具体的な改善策がわかった!

業界全体の現状を知ったうえで、ドテラの現状の課題と対策を考えると、

  • ドテラやネットワークビジネス、権利収入に興味を持ってくれそうな新規参加者を集めるのが年々難しくなってきている。

  • いまだにネットワークビジネスをねずみ講や悪徳マルチまがい商法と同じものだと勘違いしている方々にドテラが健全なビジネスであることをどうやって伝えていくべきか?

  • これまでの口コミ、勧誘のみに頼ってきた集客方法の見直し、改善

  • 国内のみでドテラを広めていくのではなく、グローバルな組織形成を個人やグループで検討し、世界のマーケットを視野に入れたダウン獲得、組織つくりを推し進める
  • 若年層向けに関心を持ってもらえそうな話題作り、ターゲットを絞ったセミナーの充実

  • ドテラで活動しているメンバー自身が実際に夢や希望を持って取り組めているかどうか

このようにネットワークビジネス業界全体の現状と課題を見据えて、ドテラのビジネス展開、集客活動をしていくことで、ドテラが抱える現状の課題の解決にもつながるのではないかと思います。

「誘う相手がいない」は最初で最大の悩みです!!

ネットワークビジネスに取り組むほとんどの方が

「誘う相手がいない」

という悩みを抱えています。

 

誘う友達や知人、リストアップした人脈が尽きてしまったら・・・

 

そこであなたの収入も限界なのです!!

 

でももし、その人脈リストが無限に増えていき、しかも相手の方から

その話を聞かせてほしい!

と言ってくる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?

 

ネットワークビジネスに興味ある人だけが惹き寄せられるオンラインリクルート法

友達にも会社にもバレずに、SNSを使ってリストを無限に増やす方法教えます→タップ!

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする