ドテラのエッセンシャルオイルの品質はいいの?その質問の回答は↓

ドテラのエッセンシャルオイルの品質はいいの?その質問の回答は↓

ドテラのエッセンシャルオイルの品質ってどうなのでしょうか?という質問にお答えします。

ドテラのエッセンシャルオイルの品質管理基準が高すぎてビビりました!

というのもドテラのCPTGという独自の品質管理体制について調査してみたところ・・・。

とにかくドテラのエッセンシャルオイルの品質ってどうなの?と疑問に思ったらまずはこちらをお読みください!

ドテラのエッセンシャルオイルの品質は?市販のモノと何が違うの?

ドテラのエッセンシャルオイルの品質は、独自の厳しい基準CPTGを設けている!

気になるのがドテラのエッセンシャルオイルって市販のものと何が違うの?

エッセンシャルオイルなんて品質にそんなに違いないんじゃないの?という疑問ではないでしょうか?

ドテラのエッセンシャルオイルの品質は独自に厳しい検査基準を設けています。

それがdōTERRAの認定純粋セラピー等級CPTGです。

このCPTGという独自のエッセンシャルオイルの品質管理と製法で作られた、まさに混じりけのない「エッセンシャルオイル」というのがドテラのエッセンシャルオイルの評判を高めている一つの理由といえます。

一般にアロマオイルという名前で市販されているものにはアロマ成分が配合されているというだけで増量剤や化学成分が含まれているものが多いんです。

しかし、ドテラのエッセンシャルオイルのCPTGの基準は100%というのがキーワードです。

「100%純粋、天然であること」という高い基準◆

ドテラのエッセンシャルオイルの品質はただ単に100%純粋、天然成分というだけではありません。

配合する植物を育てる環境にこだわり、収穫時期も定められていて、なおかつプロフェッショナルな限られた蒸留者によって抽出するという徹底ぶりです。

ドテラの公式ホームページにも記載されていますが、適切な抽出法と品質管理体制により、殺虫剤や農薬その他の化学残留物や汚染物質は一切含まれていないことをドテラは保障すると公表しています。

ただ、CPTGというエッセンシャルオイルの品質管理は、ドテラの独自の基準なので他のエッセンシャルオイルとの違いはこういった文面やネット上のクチコミ、勧めてくれた友達や知り合いからの口コミと自分自身の体感でしかわからないというのも事実です。

この品質管理の基準が世界規模の品質基準になれば、ドテラのエッセンシャルオイルと他社オイルとの優劣がもっと明確になるのになぁと思います。