40歳から僕がはじめた「雇われない生き方」について語るブログ

【はじめに】40歳から僕がはじめた「雇われない生き方」について

家族円満の秘訣は心の豊かさと経済的、時間的豊かさ

理想の家族像からどんどん離れていった30代・・・

僕は30代後半まで、ひたすら時間に追われる毎日を過ごしてきました。

朝から晩まで仕事、休みの日も仕事。

当然家族で過ごす時間も少なく、夫婦の会話もなくなる。

それが引き金になり、家庭は崩壊してしまいました。

元妻はそんな家族の生活が不満で、クレジットカードで買い物をしまくってストレスを発散し、それが積もり積もって僕たち夫婦は多額の借金を抱えました。

一番身近なコミュニティである家族をないがしろに働き続けた結果、家族団らんも夫婦の会話もお金もなくなり離婚。

僕は貯金を全部借金返済に充て、さらに毎日ほとんど寝ずに3つのバイトをするようになり、当たり散らすところもなく、ただただ時間を切り売りして借金をなんとか完済しました。

30代の経験が40歳で雇われない生き方を決断させた

時間労働者をやめて、雇われない生き方(権利収入生活)へ!

いったい何のために働いているのだろうか?

会社に時間をささげ、3つのバイトに時間をささげて必死で働いてこのザマか・・・

借金を返済していた30代後半はそんなことを毎日思っていました。

その頃、新しい出会いがあり再婚したのですが、

  • もう同じ過ちは繰り返したくない
  • お金にピリピリした生活はしたくない
  • 夫婦の会話、家族の時間はとても大事
  • 雇われの身の時間を切り売りする仕事から抜け出さねば!

過去の経験が、原動力となり、僕は40歳で会社に雇われない生き方を選びました。

雇われない生き方を実現してくれるビジネスモデル

MLMに興味がある人だけを惹き寄せるオンラインマーケティングとの出会い

会社に雇われずに仕事をする・・・

ネットワークビジネスの権利収入はそれを実現してくれるビジネスです。

それを僕はすでに20代の頃から知っていました。

しかし、

  • 興味を持ってくれそうな友達がいない
  • 興味がない友達に伝えても世間のMLMのイメージはなかなか拭いされない
    →友達を失いかねない

という理由から40歳まで知り合いに誘われてもやろうという気にはなりませんでした。

ネットワークビジネスは組織を拡大する、人から人へと製品を広めることで報酬が生まれます。

・・・ということは伝える相手、誘う相手がいなくなる、人脈の限界が収入の限界になってしまいます。

誘う相手がいないと、組織は拡大していかない→報酬はそこで頭打ち。

リストアップした人脈の限界がきたら、新たな人脈作りをしていかねばならない。

それが大変で口コミのネットワークビジネスを始めた人も途中で挫折してしまうのです。

なので、僕は従来のMLMの片っ端から声をかけていくやり方ではなく、興味がある人だけを惹き寄せるオンラインマーケティングの手法で活動を始めました。

これこそが僕が雇われない生き方、時間的、経済的、場所的、精神的自由を手に入れた手法です。

次はあなたがこのビジネスノウハウを使って雇われない生き方とあらゆる自由を手に入れ、束縛されない生活を送っていただきたい。そう思っています。